ダンボールの魅力を語りましょう

雑に見えて実は

昔からある駄菓子屋ですが今は新しいものと古いものが混ざってとても面白いスポットになっています。子供連れはもちろん、高校生ぐらいの友達同士でも、恋人でも思わず寄ってしまうところです。大人でも懐かしいおもちゃやお菓子があって楽しいですよね。駄菓子屋さんは細かいお菓子がたくさん売っています。5円のチョコレートや10円のガム、30円のスナック菓子、50円のキャラクターカードなど一つ一つが小さくてたくさん売っています。売り場に雑然と置かれているように見えるのですが小さいダンボールを使ってうまく仕切られているのです。こまごま置くことで消費者の興味をひいているのですが本当に雑に置いていたら店員さんも在庫管理などわからなくなってしまいますよね。そこら辺はしっかりとわかるように実はとても計算しておいてあるのです。
ダンボールや箱を使ってうまく仕切るということは家庭の引き出しにも使えますね。引き出しの中にビッシリ無駄なく物を入れても綺麗に区分けされていたらとても収納上手ということになります。うちは狭いからと言って綺麗に片づけることを諦めずに小さいダンボールやしっかりした箱を使ってうまく収納しましょう。片づけ始めると結構途中でやめるのは気持ち悪いという人が多いです。やり始めれば片付くので頑張って挑戦してみましょう。

宅配で届いたダンボールどうする?

宅配で届いたダンボールはとりあえず次の資源ごみの日までたたんでとって置きますよね。ゴミの日の前に自分が宅配で何かを送りたい時はそのダンボールで送れないかなとチェックしますよね。身内だと多少汚くても送ってしまうのですが目上の人や先輩などにはやはり綺麗なダンボールで送らないと失礼にあたると思います。中のものもどこか汚く見えてしまってはがっかりですよね。例えば綺麗なお皿を送りたい時、お皿の包装を綺麗にしてもらっても外側のダンボールが汚れていたり形が崩れていたらちょっとお皿も安いのかしらなんて思われてしまいそうです。ですから身内以外の人には綺麗なダンボールで送るべきです。
ガムテープのはがしたあとさえなかったら綺麗なのにと思うダンボールも結構あります。ガムテープをはがす時に表面ライナーがはがれているだけで使えないのはもったいないですよね。でも今は剥離ダンボールというはがす時にライナーがはがれることがないダンボールができています。これだとガムテープをいくら貼ってはがしても表面がはがれませんし宅配の伝票も貼ったりはがしたりできます。とても便利ですよね。企業でもこのダンボールを使えばダンボールの使い回しがたくさんできますね。リサイクルも普通のダンボールと一緒なので分別作業もお金もかかりません。すごいダンボールができていますよね。

お子様ランチ

最近は、外食に行くとだいたいお子様ランチにおもちゃが付いています。子供はおもちゃ目当てで「これ!」と言って聞きません。とにかくおもちゃが欲しいのです。仕方ないと思いつつも頼んでしまいますよね。なんてことないおもちゃなのですが子供は欲しいのです。食べる前にどうぞとおもちゃを持ってくるお店がほとんどですが、中にはとても優しく気配りがすばらしいと思うお店もありました。お子様ランチが運ばれてきてもおもちゃはまだお皿に載っていませんでした。店員さんは親に食べ終わったら呼んでくださいと言いました。だいたい食べたので店員さんを呼ぶと男の子用と書かれた綺麗なダンボールを持ってきて「よく食べました。ご褒美です。」と言って好きなものを選ばせてくれました。ダンボールには男の子の大好きな仮面ライダーやポケモンなどキャラクターのシールがたくさん貼ってあっておもちゃを選ぶのも楽しみですがダンボールに何が貼ってあるのかもじっくり見ていました。おもちゃを先に持って来られたり一緒に持ってくると気になってご飯を食べなくなったりしますがとりあえず食べてから持ってきてくれるのは気も散らずにとてもありがたいことです。そしてどうぞとただ持ってくるより色々楽しませてくれるところはまた来ようと思えるお店ですね。

薬箱の色々

家に置いてある薬箱は木の箱やプラスチックの箱が多いですが今はダンボールの薬箱を置いて行くという薬会社もあります。ダンボールでも耐水加工がしてあり軽くて丈夫です。コストも安くできるので人気が出ています。取っ手の部分も環境に優しい植物繊維からできています。使わなくなったらそのまま資源ごみとして崩して全てリサイクルできます。家族が多い人はいつの間にか薬がなくなっているということもあって急な発熱や怪我の時に困りますよね。月に一度点検しに来てくれる薬屋さんがいると安心です。企業でもこのように少しでも環境にいいものをと考えてできるだけ燃やした時に有害物質が出ないものにしたりリサイクル可能なものに変更するところが増えています。家庭でも地味にエコバッグにしてビニール袋を減らしたり食べ物を残さず食べたりなどの努力はしていますが企業が大きく変えてくれると結果も大きく変わりますよね。皆の環境問題に対する意識もぐんと高まります。宅配薬を置いていない家でも置いておいたほうがいい薬もあります。痛みどめ、風邪薬、絆創膏、熱さましなどはいざという時のためにおいておくと便利です。特に子供は急に夜熱を出すので必ず必要です。そして夜間でもやっている病院を薬箱に書いておくとあわてていてもすぐに電話をすれば行くこともできますし対処法も教えてくれます。

ダンボールの中にはなにがはいっているかわからない

ダンボールの中は見えないので何を送るのも便利ですよね。こんなに安くて軽くて頑丈でプライバシーも保護してくれる入れ物は他にないですよね。でもなんとなく置いてあるダンボールには要注意です。何となく置いてあるダンボール?とはお風呂やプールの脱衣所やトイレに置いてあるダンボールです。その中に隠しカメラが入っているかもしれません。今は女性が仕掛けてくるのです。主にお金に困った女性がカメラをわたされていい位置に隠しカメラを置いてしばらくして取っていくのです。女性がこのようなことをするのであれば防ぎようがありませんね。脱衣所のタオルなどが入っていると思わせて中にカメラが入っているかもしれません。トイレもトイレットペーパーが入っていると思わせて中に盗聴器や隠しカメラが入っているかもしれません。怖いですよね。今は盗聴器も盗撮器も1万円も出せばかなりいいものが買えます。とても小さくても広範囲を鮮明に写すことができます。盗聴器も小さい音も逃しません。自分が知らないうちに誰かに見られているとしたらとても嫌です。
ダンボールは中が全く見えないのでいい時が多いのですがこれはダンボールのよさを悪用した困った行為です。中を見て確認するまではいかなくてもちょっと不自然に感じたらさけておくと安心ですね。