ダンボールの魅力を語りましょう

ダンボールでお店も繁盛させられる?

最近は既に皆さんもご存知のようにボール紙で作った商品を使う会社やお家が増えています。

その利用には、机であったり、椅子であったり、本棚であったり、おもちゃであったりといろいろな形に変えられボール紙は多くの場所で愛用されていますが、実はお家や会社だけでなく他にもボール紙を役立てている場所があります。

それはお店。
お店には何か目玉商品を売りたい時、宣伝したいものがある際にお店のあちこちをディスプレイするわけですが、その際に使うスタンドもしくはPOPなどもボール紙で作っているものもあるのです。
ボール紙は実用品、愛用品としてだけでなく、購買意欲のひとつとして利用されているのです。

みなさんもためしに今度お店に行かれる際に色々な場所をチェックしてみれば子供でも喜びそうなオブジェが実は紙でできているものだったりするかもしれませんよ。
ダンボールひとつで色々な飾りにもなり尚且つ楽しめるものでもあり、更には買い物意欲を高めてくれるアイテムである等、様々な場所で活躍するボール紙は本当に優れたアイテムですね。

使い方ひとつでいろいろな世界を楽しめるのもボール紙。
又ひとつの空間を作り出し仕事においても災害時においても一役かうボール紙はもう一度その素晴らしさを再認識したいと思わせてくれるアイテムです。

04 ダンボールで広がるアイディア

ボール紙とは単に梱包だけの利用ではなく様々なアイディアで活用されています。

ボール紙アイディアには、ボール紙の歴史である汗取りとして使われていたように現在では各家庭だけの利用ではなく会社、オフィスでも利用されているようです。
またそれらは『つめる』『しまう』ことに利用されるのではなく机と机の仕切りとしてのパーティションの利用もあります。更に驚かされたのはオフィスにあるものをすべてダンボールで作り利用しているというところ。

つまりダンボールはその性質をいかし様々な場所で利用され、そのアイディアも色々だということが最近ではあちこちでうかがい知ることができますね。
ボール紙はそもそも紙ですから、軽い、使いやすいという面だけでなく吸収性にも優れているためものをつめることに止まらず様々な分野での利用もあり、中にはアートとしての利用も驚かされましたが、ボール紙がある構造により広げるだけで1人用の机と椅子が登場するというものには驚かされたぐらいです。

ボール紙自体はやはり根本は紙ですから傷つきやすいというデメリット部分はあるもののそれ以上の利用価値がある素晴らしく魅力あるものだといえるのです。
ちなみに広げるだけで机と椅子が登場のボール紙商品は、今はまだ商品化されているわけではありませんが、それが商品化されるのもそう長くはないかもしれませんね。