ダンボールの魅力を語りましょう

ダンボールは衝撃に強い

ダンボールは波型の中芯である、フルートと表ライナと裏ライナが張り合わされているので、クッション性が高く、中に入れたものに対して衝撃に強いという特徴があります。だからこそ引っ越しなどでも大活躍するのでしょうが、割れ物を個別に包んでいるとはいえ、割れずに引っ越し先まで持って行かれるのは、素材のクッション性の高さ、衝撃に対する強さが関係していると思われます。

もし、木箱で運んでいたら、緩衝材を入れておいたとしてもお皿の1枚や2枚は粉々に砕けてしまっているのではないでしょうか。それが全く傷つくことなく、長時間の輸送に耐えられるのは、まさにダンボールの持つ衝撃に強いという点にあると思われます。何層にも重ねられフルートがクッションの役目を果たすので、強度とともにクッション性の高い素材となっていると考えられるでしょう。

引っ越しで重宝がられるのは、丈夫なうえに衝撃に強く、何段にも重ねることができるからだと思われます。使い終わった箱はリサイクルに回すことができる、物を送る時に使えるなど、無駄になることがありません。時には、子供達にサプライズを送る役目を果たすことができます。加工しやすいので、子供の工作にも適しています。