ダンボールの魅力を語りましょう

ダンボールは保管に最適・材質

ダンボールの魅力の一つとして、この魅力を客観的に見てみると、物の保管に便利という点は魅力の一つと言えるのではないでしょうか。では具体的にどういった点が保管に優れているのでしょうか。一つは箱に直接簡単に字を書き込めるという点が、物の整理・整頓を容易にするため保管に優れていると言えます。
例えば長期間に渡って書類を保管する場合、思いついた時に確認できるよう、日時や年度で分ける必要が出てきます。その際に箱に日時を簡単に書き込めるため、後日保管後の書類の時期の把握が、箱の正面を見るだけで判るように、マジックなどで日時や年度を記入しておけば、簡単に取り出すことが可能になるのです。
これは材質とも密接な繋がりがあります。具体的には紙で出来ているため、吸水性がありマジックのインクをスムーズに吸収し、字が消える事無く長期間インクの状態を保つ事ができるためであり、もし別の箱に保管していた場合、インクが消えてしまったり、インクが付かない箱だと、紙を貼ったりして日時や年度を書き込む事もできますが、移動の際にこの紙が剥がれてしまい、後日確認ができなくなるなどの不具合が生じる事もあるのです。ダンボールに保管するという当たり前の事でも、その理由は意外と気付かない事が多いのです。