ダンボールの魅力を語りましょう

ダンボール箱はタダも同様

ダンボールの別の魅力はその価格の安さにあるでしょう。しかも、もしどこからか荷物を入れて送られてきた箱であればタダですから、こんなに安いものはありませんね。

そして、その空箱は何にでも使えるのです。それはただ単にゴミを入れたりするのではなく、台所では野菜や果物を入れる入れ物として便利ですし、ちょっと工夫すれば本箱や衣装ケースにも早代わりします。とにかく頭の使いようやアイデア一つで何にでも変身することができますから、実用から遊びまでタダ同様の材料で作ったものを利用している人もいます。そして、元値はタダのようなものですから、何かを作ろうとして例え失敗してもソンはしません。

また別のタダの材料を使って挑戦すれば今度は上手に作れるでしょう。それはもしかしたらそれから至極便利なものになるかも知れませんね。それから地方から届いた特産品が入っていたダンボール箱をそのまま部屋の壁際に手際よく並べてインテリアとして楽しんでいる人も居るのです。その人に言わせると、寝そべってそれらの箱を見ていると送ってきた産地の様子が想像できるのだそうです。そして連想で、ああ、これは寒い冬に届いたのだ、あの時のカニは美味しかったなどと思い出すのだそうです。