ダンボールの魅力を語りましょう

ダンボールは色々と応用できる

ダンボールの魅力の一つに色々と応用できることがあります。例えば四角や矩形の箱としての用途は無限と言えるほどの広がりがあります。水や油などの流動物や魚以外にはほとんどなんでもが箱に入れることができるのです。そしてその魅力である軽量が配送の際にはメリットになります。軽いものを重たい入れ物に入れたのでは本末転倒ですね。

軽いものは軽いなりの箱に入れることが出来ますし、工場などから重い製品を搬出するときにはそれなりの強度がある箱を使うことができます。そして、もう一つの魅力である軽量ながら丈夫と言うことで軽いものだけではなくかなりの重さのものも箱に入れたり、下敷きにしたりすることが出来るのです。さらに、別の魅力である保温性も色々な面で応用が出来ます。

例えば寒い体育館などで床に直に座るよりもダンボールを敷けば暖かくなります。例えがあまり良くないかも知れませんが路上生活を強いられている人にもこの保温性は捨てがたいものがあるでしょう。このように見ていくと応用範囲がこれだけ幅広いものはほかにはまずないのではないかと思います。この色々と応用することができるのも大きな魅力であると同時に大きなメリットだと言えるでしょう。