ダンボールの魅力を語りましょう

ダンボールのリサイクル

ダンボールのすごいところと言えば、そのリサイクル率です。ある統計では90%以上のリサイクル率だそうです。
ダンボールは資源ゴミとして回収されますが、その先はどのようにリサイクルされているのでしょうか。
実はダンボールはまたダンボールに生まれ変わるのです。回収されたダンボールは細かく裁断されたのちにダンボール原紙になります。そこからダンボールシートと呼ばれるものに加工されます。ダンボールシートとはダンボールの大きな特徴であるあの波型のしんの表と裏に原紙を張り付けたものです。これが最終的に折り目を付けたり印刷されたりしてダンボール箱になります。さらに製造過程で出た切れ端は全て回収されてまた原料となります。
ダンボールに付いているリサイクルマークを目にしたことも多いかと思います。このマークは分別を容易にするためという意味合いが強いようです。分別をきちんとして異物の混入が少なくなれば、リサイクルの品質も向上します。
あらゆるものの流通にかかわっているダンボールはほとんどすべてがリサイクルされたものなのです。よく言われていることですが、混ぜればごみでも分ければ資源です。ダンボールは有効な資源です。リサイクルの輪が続く限りダンボールは何度でもリサイクルされます。こうした面もダンボールの魅力の一つだと思います。