ダンボールの魅力を語りましょう

ダンボールを利用して自然を楽しんでみませんか?

ここ数年インターネットの急速な普及によりパソコンやタブレットPC・スマートフォンなどを利用したネットショッピングに注目が集まっています。
自宅にいながらにして欲しかった品物が購入でき、玄関でそれを受け取れるという便利なシステムが消費者に受け、現在人気が高まっているようです。
ですがネットショッピングをすればするほど、あるものが溜まるということに皆さんお気づきでしょうか?
それは配送に欠かせない梱包材としてよく使用されているダンボールです。

もちろん資源ゴミとして廃品業者に引き取ってもらう方法が昔からありますが、最近では再利用する人も増えているようです。
そこで今回はダンボールの身近な活用法についていろいろ考えてみました。

ダンボールというと室内に置いてある感覚がありますが、車のトランクに常備しておくと何かと便利です。
倒れては困るものを買い物した時、 例えば背の高い観葉植物やお酒などのコワレモノや柔らかい食品をいれておくと固定され安心して運転できます。
雨の日や雪などはトランクや足元に引いておくことで水気や泥で汚れるのを防いでくれます。

公園に行った時にも活躍してくれます。
子供たちの遊具であるロール式の滑り台や、芝生の坂などではダンボールを敷いてすべるとよく滑れますし洋服を汚さずに済みます。

最近はアウトドアブームということもあり、自然の中でバーベキューをする人たちも増えてきました。
そんな時も車内にダンボールを数枚入れておくと便利です。
河川敷や山などでバーベキューをしていてもダンボールがあればすぐに座れますし、広げることでお昼寝もできます。

駐車場から離れたところにキャンプ場がある場合など人数分の椅子やテーブルを運ぶのも大変です。
そんな時はダンボールに食材や水を入れて運んだり、テーブルや椅子代わりに使用したり、周りを囲むことで火をつける際の風よけにもなります。

アウトドアを楽しむ上で大事なことは自然に溶け込むことです。
子供たちにとっては最小限の荷物で炊事をすることは防災訓練の役割も果たします。
汚れたらリサイクルにも出せるダンボールは無駄なく活用できる最適なエコアイテムなのです。