ダンボールの魅力を語りましょう

ダンボールの可能性

私達の生活の中には、様々な素材に満ち溢れています。
近年、素材その物の持つ質感や、加工性の良い事等から、
天然素材なども、多くの方に求められています。

天然素材と言えば、木や草などを思い浮かべる方も多いことでしょう。
また、日本独自の芸術と言っても過言では無い、和紙などの伝統的な素材の紙も、
様々な進化をして、魅力的な雰囲気を醸し出すことに使われています。

更に、私達の生活の中浸透性の深い、紙という素材の中に、ダンボールという素材があります。
しかしながら、ダンボールと聞いて魅力的と思える人はどれくらいいるのでしょうか。
ふと、ダンボールと聞いて思いつくのは、荷造りなどのイメージでは無いのでしょうか。
実に、ダンボールという素材は、変化をして私達の生活に溶け込み、役立っています。
時には、物入れに、時には工作に、また収納にもなりますが、学園祭などのイベントでも、
大事な役どころに置かれ、毎年イベントシーズンになると、
ダンボールをスーパーに貰いに行く、学生の姿を目撃します。

同じ古紙という分類で、これほどまでにも、リサイクルが行われる紙は他には無いでしょう。
また、ダンボールに軽さや、強さの変化を付けて、物資を搬送する事に多大な努力をしていると、
企業努力を思ってしまうのは、スーパーなどの買い物の際に、
自由に頂けるダンボールを手にしたときに、思わず選んでしまう事でしょうか。