ダンボールの魅力を語りましょう

薬箱の色々

家に置いてある薬箱は木の箱やプラスチックの箱が多いですが今はダンボールの薬箱を置いて行くという薬会社もあります。ダンボールでも耐水加工がしてあり軽くて丈夫です。コストも安くできるので人気が出ています。取っ手の部分も環境に優しい植物繊維からできています。使わなくなったらそのまま資源ごみとして崩して全てリサイクルできます。家族が多い人はいつの間にか薬がなくなっているということもあって急な発熱や怪我の時に困りますよね。月に一度点検しに来てくれる薬屋さんがいると安心です。企業でもこのように少しでも環境にいいものをと考えてできるだけ燃やした時に有害物質が出ないものにしたりリサイクル可能なものに変更するところが増えています。家庭でも地味にエコバッグにしてビニール袋を減らしたり食べ物を残さず食べたりなどの努力はしていますが企業が大きく変えてくれると結果も大きく変わりますよね。皆の環境問題に対する意識もぐんと高まります。宅配薬を置いていない家でも置いておいたほうがいい薬もあります。痛みどめ、風邪薬、絆創膏、熱さましなどはいざという時のためにおいておくと便利です。特に子供は急に夜熱を出すので必ず必要です。そして夜間でもやっている病院を薬箱に書いておくとあわてていてもすぐに電話をすれば行くこともできますし対処法も教えてくれます。