ダンボールの魅力を語りましょう

ダンボールは軽くて丈夫

ダンボールは紙ですから、軽いのはわかりますが軽いのに丈夫なのが魅力でしょう。いくら軽くても腰のない紙では配送用の入れ物にも使えませんし、保存用にも適しません。軽いのに丈夫な構造があるので、どんなものでも運ぶのに便利なのです。

今や引越しなどには欠かすことはできませんし、荷物を送るのにも最適です。昔はみかんを産地から出荷する際にはみかん箱でしたが木の板で作られていましたから箱自体が重かったのです。そしてみかん箱の蓋は釘で止められていましたから、蓋を開くのにも一仕事でした。しかし、今の箱は簡単に開けることができます。そして、中のみかんを食べ終わったあとのみかん箱は丈夫ですから野菜入れにも使えますし、何か品物を誰かに送る時なのにもそれを利用することが出来ます。

ユーパックで届いた箱などサイズが揃っていればはさらに再利用の用途が広がります。それもこれも軽くて丈夫な箱だからですが、厚紙とは違い、少し切れ目を入れれば簡単に折り曲げることが出来るのも便利です。これならどんなものを送る時でも中身とピッタリの入れ物にすることが出来ますから、中身が配送中にがたがたしません。ですからオークションなどで落札した品物を送る時にダンボールを重宝している人が居ます。