ダンボールの魅力を語りましょう

アートにもなるダンボール

ダンボールのアートは色々あります。ダンボールを使ってモザイクアートを作ってギネスに挑戦した名古屋の大学生たちもいます。ダンボールの大きなガンダムを作った人もいます。大きな物を作れるのもダンボールの魅力ですね。鎌倉の長谷寺にも大きなダンボールのアートが飾られています。等身大の大仏が飾られているのです。ダンボールを立てに使って大仏の形に重ねていきます。奥行きが出て本物の大仏のようになります。ダンボールのライナーとライナーの間の空間がとても味を出しています。後ろからライトアップするととてもきれいです。これが捨てられていたゴミからできたなんて考えられないと驚きます。ダンボールでつくったあとバーナーで軽く表面を焼きます。そうすることで木のような感じが出ると言います。大きなものから掌に載る小さなものものあります。大きなダンボール大仏は一体百万円以上します。すごいですよね。捨てられていたジャガイモとか人参などと書いてある普通のダンボールが手を加えれば百万円にもなるのです。ダンボールはリサイクル100%の優等生ですがリサイクルにもかなりのお金がかかります。できるだけリサイクルする前に何かに使えないか、何か作れないかと考えて作ってみてからリサイクルするともっと環境にいいですよね。