ダンボールの魅力を語りましょう

ダンボールの強さは魅力的

ダンボールは丈夫と言ってもやはり元は紙だからと思っている人も多いはずです。確かに元は紙3枚を貼りつけただけなんですよね。でもダンボールは想像以上に強いです。3枚の紙をとても上手に貼り合わせているのです。中芯を波にすることによって中に空洞を持たせて強度を作っています。普通のダンボールより大分厚いWタイプはプラスチック並みの強度を持っています。全体の力にも強いですが意外と1点の力にも強いのです。針を通そうと思っても針が折れてしまうこともあります。それは紙同士を貼り合わせている糊がものすごく固いからです。これのおかげで水の中に入れてもなかなか崩れません。水分はものすごく吸うのですが崩れないのです。それはこの固い糊のおかげです。
ダンボールはとてもよく考えられた優れ物なのです。でもやはり紙なので湿気の多い所では崩れるまでいかなくてもカビが生えたり虫が出たりします。ダンボールの小さな空洞は保温性もあって適度な水分もあるので虫にとってはとても魅力的なのです。しっかりしていてもう一度使いたいと思うダンボールはたたんで風通しのいいところに置いて保管します。しばらく使う予定がない人は軽く汚れを落として資源ごみに出すのがカビや虫の発生を抑えられます。